058-391-1411

ペインクリニック

ペインクリニックとは、主に局所麻酔剤を用いて疼痛の原因部位の神経に注射をして疼痛を緩和することを主眼に置いる治療方法です。
種類としては、トリガーポイント注射を始め各種神経ブロックを駆使し、痛みの緩和を図ります。
頚椎関連疾患に対して、星状神経節ブロック、後頭神経ブロック、肩甲上神経ブロック、浅頚神経叢ブロック、K点ブロックを行い、腰椎関連疾患には硬膜外ブロック(仙骨部・腰椎部)、神経根ブロック、傍脊椎神経ブロック、椎間関節ブロック、大腿皮神経ブロック、坐骨神経ブロックを行って疼痛の緩和を図ります。
 

当院では次のような患者さんが多く来院されます

このような方に対して、ペインクリニックでの各種神経ブロック等を行い、症状の緩和を図りますが更には、手技を主体としてリハビリテーション、AKA-博田法…などが有効な場合が多く見られ、患者さんに感謝されています。
 

難治性の疼痛を持っている貴方も一度来て、治療を受け頂き、その効果の程を体験して下さい。

 

 

腰痛疾患別症例

腰痛疾患別症例について述べましょう。
 
腰椎椎間板ヘルニア
ものを持ち上げようとした時、急に腰痛が生じ体動が出来なくなり、疼痛が臀部、下肢の外側・後面に放散し下肢にしびれ感を生じた場合には、腰痛の典型例である、椎間板ヘルニアが疑われます。
この際には硬膜外ブロックの適応で、診察にてヘルニアの部位を特定し、腰椎あるいは仙骨部を選択し刺入します。
更に硬膜外ブロックでの効果が少ないときには、選択的腰椎神経根ブロックを行います。
いずれのブロックに際しても、ブロック施行後、30分間の安静をして、副作用防止と効果判定を行います。
 

非特異的腰痛

腰痛の中で最も多い疾患です。
ものを取ろうとして腰を捻ったり、立ち上がった際に突然生ずる腰痛で、下肢のシビレ感はありますが、ボヤッとした範囲に限定されています。
この際には筋性腰痛・椎間関節性腰痛・仙腸関節の関節包内運動の障害が考えられます。
筋性腰痛に対しては局麻剤のトリガーポイント注射が、椎間関節性腰痛に対しては傍脊柱筋ブロックや、椎間関節ブロックを行い、大半は有効な結果が出ます。
その他に仙腸関節性腰痛(関節包内運動障害)がありますが、腰痛のみではなく、臀部痛や両大腿部後面の疼痛があります。
これに対しては、仙腸関節内ブロックを行いますが、仙腸関節の関節包内障害も考えられAKA-博田法が有効です。
 
腰椎分離症
発育期の子どもさんに多いのが腰椎分離症で、スポーツ選手に多い疾患です。
スポーツによる疲労性骨折で、椎弓の関節突起間部の骨性の連絡が絶たれ分離部の繊維軟骨槐に神経が圧迫され、腰痛ばかりでなく、下肢痛、シビレ感も生じます。
これに対しては、同部へのブロックが有効な場合が多く見られます。
また仙腸関節包内障害と判断された場合は、AKA-博田法が有効です。  

<p class="mb30"><img src="https://www.tangiku.com/wp-content/uploads/2014/09/bnr04new.png" alt="お問い合わせはこちらから" width="695" height="232" /></p>

当院へのお問い合わせはこちらから

デイサービスセンター

く松波総合病院

瑞穂カジワラ接骨院

くぼた接骨院

丹菊整形外科お問い合わせはこちらから