058-391-1411

腰部脊柱管狭窄症とは

腰部脊柱管狭窄症脊髄神経の通り道である脊柱管が何らかの原因で狭くなり、腰痛や下肢痛を生じる状態です。

間欠性跛行(かんけつせいはこう)がみられ、歩行しているとだんだん足が痺れたり、痛くなったりしますが休むと回復するのが特徴です。

また、会陰(えいん)部の感覚に異常が生じることもあります。なお、間欠性跛行は閉塞性動脈硬化症でもみられるため鑑別が必要です。

<p class="mb30"><img src="https://www.tangiku.com/wp-content/uploads/2014/09/bnr04new.png" alt="お問い合わせはこちらから" width="695" height="232" /></p>

当院へのお問い合わせはこちらから

丹菊整形外科お問い合わせはこちらから

デイサービスセンター

く松波総合病院

瑞穂カジワラ接骨院