058-391-1411

腰部椎間板症とは

腰部椎間板症椎間板は脊柱(せぼね)の構成成分の1つであり、ブロック状の椎骨と椎骨の間に存在し、脊柱に可動性を持たせながらクッションとしての役割も担う組織です。

椎間板は中央の髄核と外側の線維輪で構成されています。

椎間板は常に力学的負荷を受けており、10代後半から加齢やストレスなどで髄核の水分が減少して変性という現象(すなわち老化)が起こります。 

こうした老化現象によって椎間板の支持性やクッションとしての機能が低下すると、周りの神経を刺激したり、靭帯、関節や筋肉に負担がかかり、腰痛の原因になります。

こうした椎間板の変性による腰痛が生じた状態を腰部椎間板症と呼び、症状は急性、慢性の腰痛で体動時(特に前屈位)に痛みが強くなることが多く、下肢症状や膀胱直腸症状は伴うことはまれです。

<p class="mb30"><img src="https://www.tangiku.com/wp-content/uploads/2014/09/bnr04new.png" alt="お問い合わせはこちらから" width="695" height="232" /></p>

当院へのお問い合わせはこちらから

丹菊整形外科お問い合わせはこちらから

デイサービスセンター

く松波総合病院

瑞穂カジワラ接骨院