058-391-1411

腰部椎間板ヘルニア

椎間板の一部が正常の椎間腔を超えて突出した状態です。

 

椎体と椎体の間には人体最大の無血管領域と呼ばれる椎間板が存在しています。

椎間板は中央にゼラチン状の髄核、周囲にはコラーゲンを豊富に含む線維輪から成り、この髄核や線維輪の一部などが突出した状態が椎間板ヘルニアです。 

椎間板ヘルニアは、下位腰椎(L4/5,L5/S1)が最多で、次に下位頸椎に多く、胸椎には少ない。また、神経根走行の関係から、下位腰椎では上位腰椎に比べ、神経根症状を起こしやすく、発見されやすい面もあるかも知れません。

 

 

症状

腰部痛、殿部痛、特に下肢のしびれやひどい痛みの症状がみられます。ヘルニアの神経の圧迫が強くなると、下肢の力が入りにくくなる筋力低下(運動麻痺)、下肢の感覚が鈍くなる知覚障害、排尿や排便の障害を生じることもあります。

 

原因

椎間板は外側の線維からなる線維輪と、内側のゼリー状の髄核から構成されています。椎間板が変性して髄核が押し出されたものを椎間板ヘルニアと呼びます。腰椎の椎間板で起こったものを腰椎椎間板ヘルニアと呼びます。

加齢による椎間板の変性、腰に負担のかかる姿勢や動作を行っていると発症しやすくなります。喫煙や遺伝なども腰椎椎間板ヘルニアの発症に影響があると言われています。

 

治療

服薬(消炎鎮痛剤など)、湿布、塗り薬、座薬など、状態により神経ブロックなどを行う場合があります。

物理療法や理学療法などのリハビリを行います。必要に応じてコルセットを着用します。

<p class="mb30"><img src="https://www.tangiku.com/wp-content/uploads/2014/09/bnr04new.png" alt="お問い合わせはこちらから" width="695" height="232" /></p>

当院へのお問い合わせはこちらから

丹菊整形外科お問い合わせはこちらから

く松波総合病院

瑞穂カジワラ接骨院