058-391-1411

腰部椎間板ヘルニアとは

椎間板の一部が正常の椎間腔を超えて突出した状態です。

 

椎体と椎体の間には人体最大の無血管領域と呼ばれる椎間板が存在しています。

椎間板は中央にゼラチン状の髄核、周囲にはコラーゲンを豊富に含む線維輪から成り、この髄核や線維輪の一部などが突出した状態が椎間板ヘルニアです。 

椎間板ヘルニアは、下位腰椎(L4/5,L5/S1)が最多で、次に下位頸椎に多く、胸椎には少ない。また、神経根走行の関係から、下位腰椎では上位腰椎に比べ、神経根症状を起こしやすく、発見されやすい面もあるかも知れません。

 

 

 

原因

高齢になると、下位頚椎での可動性が減少し、ヘルニアが起こりにくくなり、比較的上位の頚椎病変を来しやすくなります。

すなわち、椎間板ヘルニアは、よく動く脊椎の部分で起こりやすいのです。

<p class="mb30"><img src="https://www.tangiku.com/wp-content/uploads/2014/09/bnr04new.png" alt="お問い合わせはこちらから" width="695" height="232" /></p>

当院へのお問い合わせはこちらから

丹菊整形外科お問い合わせはこちらから

デイサービスセンター

く松波総合病院

瑞穂カジワラ接骨院