058-391-1411

骨折に対して

総合的な考え方

DSC073810001

骨折した骨がずれたり、曲がったりしている患者さんには、麻酔をしてから、レントゲンの透視下で徒手整復術・固定(副子・ギプス)を行います。翌日来院して頂き、患肢の状態を診察し、必要に応じて処置します。その後は1週毎に来院して頂き、骨折部の再転位の有無などをチェックします。

固定期間(約1カ月間)中でもリハビリテーションを行います。
固定を除去した後は、固定による関節拘縮、筋力低下に対して、積極的にリハビリテーションを行います。
関節可動域改善訓練、筋力増強訓練を行い、出来る限り早期に職場復帰を図ります。

診察時のポイント

●骨折の有無・転位の状況。
●徒手整復術にて整復位が得られたか否か。
良好な整復位が得られなかったら、手術を考慮し、連携医療機関に紹介します。
固定中でも自動運動をして、今後生ずるであろう関節拘縮・筋力低下を予防します。
固定除去後は、リハビリテーションを積極的に行い、早期の社会復帰を図ります。

骨折・脱臼後のリハビリテーション

できるだけ早く回復できるよう、障害を受けた部位にあわせ、物理療法、理学療法を行います。

物理療法

渦流浴

PA2700360001

渦流浴:お湯の泡と共に超音波が出ることにより、ケガをしたところを温め、鎮痛効果があり、治りを早くします。

微弱電流

PA2700410001

微弱電流:微弱の電気を流すことで壊れた細胞の修復を促進します。

超音波骨折治療器

PA2700410001

超音波骨折治療器:骨折に対して早い段階から超音波骨折治療法を行えば、骨芽細胞を刺激し骨癒合が促進されます。難治性の骨折の場合には、患者さんが自宅で当該治療を継続することができます。(受傷後3ヶ月以内の場合には保険適応です。)

機能訓練

PA2700410001

機能訓練:痛みの原因や症状にあわせ訓練を行い、固くなった筋肉を緩め血行を促進し、痛みを和らげ、障害部位の回復を促します。

理学療法

DSC073270001

理学療法:症状にあわせ筋肉や関節を動かすことにより、障害された部位をできるだけ元の状態に近づけていきます。

<p class="mb30"><img src="http://tangiku.sakura.ne.jp/wp-content/uploads/2014/09/bnr04new.png" alt="お問い合わせはこちらから" width="695" height="232" /></p>

当院へのお問い合わせはこちらから

デイサービスセンター

デイサービスセンター

丹菊整形外科お問い合わせはこちらから