058-391-1411

腰痛治療

腰痛とは

DSC0733000010001

腰痛とは、腰に痛みが出る症状であり診断名ではありません。 腰に痛みがでる診断名は、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などいろいろありますが、実際は痛みの原因となりそうな異常が見つからない腰痛の方が多く、このような腰痛は「非特異的腰痛」と呼ばれます。非特異的腰痛腰痛は腰痛の85%の割合であるといわれています。 例えば、腰痛によくあるぎっくり腰もレントゲンなどで異常がみられない場合もあり、腰の周囲の筋肉や靭帯が傷ついていたり、骨盤の関節が少しずれていたりといった診断名が明確にでない場合が多くみられます。 当院では、原因がはっきりとしている 「特異的腰痛」 原因がはっきりしていない 「非特異的腰痛」 の両方に対して治療を行っております。

腰痛の原因

病名をクリックすると各解説ページに飛びます ※ただいま作成中の為しばらくお待ち下さい

 

                 
急性腰痛症
(ぎっくり腰)
腰部
椎間板症
腰部椎間板
ヘルニア
腰部脊柱管
狭窄症
腰椎分離症 脊椎
骨粗鬆症
変形性
脊椎症
心因性
腰痛症
脊椎
圧迫骨折

腰痛の治療法

総合的な考え方

DSC0733000010001

丹菊整形外科では、まず医師の診察を受けていただき、その後物理療法、リラクゼーション、運動療法を行って治療していきます。

症状、診察所見から原因部位(椎骨・椎間板・椎間関節・筋膜性・筋性)を診断します。

脊髄圧迫症状があれば、手術の必要性を考え、連携医療機関に紹介し精査(MR検査)を行って頂きます。
保存的療法が選択されれば、薬物療法(湿布・塗り薬・内服・坐薬)・注射(トリガーポイント注射・静脈注射・点滴)、リハビリテーション等の保存的療法を行います。

更に必要な場合には、AKA(関節運動力学的アプローチ)・各種神経ブロック(椎間関節ブロック・硬膜外ブロック・根ブロックなど)を駆使して少しでも症状が軽快するように努力致します。

しかしどうしても軽快しない方や、治療方法に疑問がある方は、連携医療機関へMR(磁気共鳴装置)検査を兼ねて、受診して頂き、より早く・的確に治療を進め、皆様に満足して頂けるよう邁進しています。

■ 腰痛に対するリハビリテーション

障害を受けた場所にあわせ、物理療法、理学療法などを行いできるだけ早く回復できるよう治療を行います。

腰椎牽引

youtsui0005

腰をゆっくり引っ張ることにより、椎間板や椎間関節の内圧を下げたり、椎間の隙間(椎間孔)を拡げることで神経への圧迫を和らげていく治療です。神経への圧迫が緩和されることで痛みが和らぐ他、筋肉や靭帯などの血行が良くなる効果もあるため、腰痛が改善される場合もあります。 体重の1/3~1/2ほどの負荷で足の方へ10分引っ張るという治療法です。

干渉波

kansho0002

2つの異なる周波を交差させることにより、皮膚に対する刺激はソフトですが、深部まで届く電気刺激を発生させることができます。電気刺激で筋肉の凝りを取り除き、血流を増大させることにより、体の痛みを軽減させます。

ホットパック

hotpac0001

温熱で患部を深部まで温め、組織の血流を改善し炎症性物質や老廃物が排泄され、新陳代謝を促進させます。血行不良からくる痛みや関節の硬さを和らげ、神経の過敏性を緩和し炎症を軽減します。

マイクロ波

極超短波と呼ばれる高周波を患部に照射します。筋肉などの深部組織に対する温熱効果があり、組織の循環が促進され、痛みを和らげます。

リラクゼーション

rela0004

腰周辺やお尻、脚など痛みの原因や症状に合わせてリラクゼーションすることで、血行を良くし痛みを和らげます。 こりや痛み改善効果があり、自然治癒力の改善が期待されます。 心身ともにリラックスさせて痛みを和らげ、心身の緩和、体質向上、健康悪化になりにくくします。

理学療法

phi0003

徒手療法では、痛みの原因や身体機能の低下の原因の追究をはじめ、ストレッチや筋力トレーニング、姿勢調整、動作指導(歩行や起立)、自主トレーニング・生活指導などを個別にアプローチしていきます。

腰痛の注意点

腰痛を引き起こす要因と改善法を一部ご紹介します。

  腰痛の原因 腰痛の改善方法
姿勢 前かがみ、中腰、前傾姿勢 作業姿勢を工夫
毎日2~3時間車を運転するなど、同じ姿勢を長く続ける 屈伸などその場でできる軽い運動をする
脚を組んで椅子に座るなど、姿勢が悪い 両足を揃えて椅子に座る、いつも同じ側でかばんを持たない
疲労 残業などで、疲れをためる 定時退社、家へまっすぐ帰る
朝食抜き、朝食が少ない、油もの・生野菜・果物 暖かいものを栄養バランス良く食べる
激しい運動などで、疲れをためる 軽い運動
足に合わない靴を無理をして履いている 適切な大きさの靴
腰が沈み込む寝具 敷布団は固すぎず、やわらかすぎないもの
睡眠不足 規則正しい睡眠
冷え きつすぎる冷房 適度な空調
  日光浴
油もの・生野菜・果物 暖かいものを栄養バランス良く食べる
半身浴 風呂に肩まで入ってゆっくり体を温める
スカート、きつい肌着 吸湿発熱性のある新素材、ウール。マフラー、ハイネック、ズボン

腰痛のよくある質問

Q:痛みがある場所を温めた方がいいですか?冷やした方がいいですか?

A:基本的には、痛くなってから24時間以内は冷やした方がいいといわれています。24時間以上経過しているようでしたら温めた方がいいです。しかし、冷やしたり温めたりして痛みが出るようでしたらやめてください。

Q:痛みが少なくなってきても痛み止めを飲んだ方がいいですか?

A:痛みが少なくなってきたら、一度飲むのをやめて痛みが強くなるかどうか様子をみてください。痛みが強くなるようでしたら痛み止めを内服して下さい。

Q:腰は痛くないですが、脚全体がしびれて痛いです。この場合は、腰の異常はないでしょうか?

A:脚に異常がなくても、腰の神経を圧迫して脚が痛くなる事もありますので、診察をして自分の状態を確認してみて下さい。

<p class="mb30"><img src="https://www.tangiku.com/wp-content/uploads/2014/09/bnr04new.png" alt="お問い合わせはこちらから" width="695" height="232" /></p>

当院へのお問い合わせはこちらから

デイサービスセンター

く松波総合病院

瑞穂カジワラ接骨院

くぼた接骨院

丹菊整形外科お問い合わせはこちらから