058-391-1411

AKA(エイケイエイ)

羽島市「丹菊整形外科」 院長より

AKAArthroKinematic Approachi(関節運動学的アプローチ)の略であり、滑膜関節にアプローチする徒手医学の1つです。
関節包内の関節の動き(関節の滑り、回転・回旋など)の異常を治療する方法及び関節面の運動を誘導する方法と定義されてます。
従来の伝統的な運動療法の欠点を補うために、関節モビリゼーションの技術を改善することから研究が始まりました。
研究過程において仙腸関節の治療によって股関節の痛みが消失したことがあり、仙腸関節が痛みと密接な相関関係にあるのではないかと考えられたのです。
更に研究を進めていくうちに、仙腸関節の関節包内機能異常を調節すると痛みが改善することが分かり始め、四肢や体感の痛みの治療技術として開発されてきました。
AKAの目的は痛みに対する治療ではなく、痛みの発生原因である関節包内運動の障害を改善することです。
体幹や四肢の痛みやシビレなどは、主に仙腸関節の遊びの減少によって発生する関節原性関連痛です。
AKAによって関節の遊びを改善されれば、自然に痛みは消失します。
関連痛の部位によっては、別の関節の手技を追加することがありますが、90%以上は脊椎椎間関節炎、仙腸関節が治療の対象になります。
この手技を、私も脊椎を主体として四肢関節の疾患の治療に応用して皆様の苦痛の解除に繋げたいと願っています。

AKAとは

当院には他の医療機関で椎間板へルニア・辷り症・狭窄症と診断され、治療を受けたがなかなか治らない方が多く来院されますが、AKAという手技で、症状の改善に結びつく徒手矯正法を 行っています。

 

DSC073810001

AKAについて説明します。
関節の動きは、曲げる・伸ばす・回旋させるという目に見える動きの他に通常目に見えない 関節の遊び ※1 という動きがあります。
この目に見えない動きが障害されると疼痛・シビレ感などの症状が現れます。
この機能障害が顕著に現れる関節が、骨盤の後にある  ”仙腸関節” (図1) です。

※1 関節の遊び=副運動

 

DSC073810001

この仙腸関節機能障害がおきると、これが原因で腰・殿部に疼痛が、 更には下肢の関節の副運動が障害され、疼痛などの 症状が出現します。

関節に生じた副運動の障害を修復する治療方法が、AKAです。
腰痛等で他の医療機関(病院)で診察してもらうとMRI検査が行われ、その結果画像診断(図2)として椎間板ヘルニア・ 辷り症・狭窄症などの診断名で説明を受けます。
確かに画像上は神経の圧迫があり、脊柱管狭窄症の診断のもと、薬物療法、神経ブロック・リハビリテーションで加療してもらいますが、期待した程の改善がみられないことがあります。
その中にはこの仙腸関節機能障害が主な原因であったり、重なっている場合が多くあります。

DSC073810001

仙腸関節は起き上がる、立ち上がる、歩くなどの動作の際には必ず数ミリ動いています。
数ミリの動きの中で引っかかり(図3)が 生じて、腰痛、殿部痛が生ずるのです。
AKAはそのわずかな動きの 異常を手の指先で感じ、これを矯正し、症状の改善に結びつけています。

AKA希望の方へ

羽島市の丹菊整形外科では、基本的には初診の方は検査・診察のみで、初診当日にはAKAを実施しません。

初診診察時にAKA実施日の予約をとっていただきます。

<p class="mb30"><img src="https://www.tangiku.com/wp-content/uploads/2014/09/bnr04new.png" alt="お問い合わせはこちらから" width="695" height="232" /></p>

デイサービスセンター

く松波総合病院

瑞穂カジワラ接骨院

当院へのお問い合わせはこちらから

丹菊整形外科お問い合わせはこちらから