058-391-1411

骨粗鬆症とは

骨粗鬆症とは”年齢と共に骨の中のカルシウムが減って骨がもろくなる病気” であるとなんとなくイメージしていると思います
その通りで下図の右半分のごとくカルシウムが減り、骨の内部はスカスカになっていきます
 
 

骨は何でできている?

骨を鉄筋コンクリートに例えると、
鉄筋の部分は蛋白質で、これが柱(有機物)になり、 コンクリート部分はカルシウム(無機塩類)で強さを補強します
 

骨は活きている

体の中ではたえず、古い骨は破骨細胞によって溶かされ(骨吸収) 骨芽細胞で新しい骨が作られます(骨形成)
この作用を骨代謝といいます
 

骨がもろくなる

健康は人は骨代謝のバランスは保たれ、骨の強度は維持されますが、
骨粗鬆症の人は破骨細胞の力が強くなり、骨吸収が骨形成を上まわり、カルシウムの量が減りもろくなります
 
 
 

骨粗鬆症の原因

・年齢による閉経
・痩せていること
・カルシウムの摂取不足
・日照不足
・運動不足、
・過度の喫煙・飲酒
・胃の切除
・関節リウマチでステロイド剤の使用
 
などで骨がもろくなります
 
 

骨粗鬆症のよくある質問

Q1:どんな人に多い?

A:女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、骨が溶けるのを防ぐ作用がありますが、 閉経後このホルモンの低下にて骨量が減り、骨粗鬆症になりやすくなります
 

Q2:骨折しやすい?

A:当然骨がもろくなれば、骨折の発生率は上がります
 ・背骨・腰骨(脊椎圧迫骨折)
 ・腕の付け根(上腕骨外科頚骨折)
 ・手関節(橈骨遠位端骨折)
 ・足の付け根の骨折(大腿骨頚部骨折)
 を起こす確率が増えます
 

Q3:骨折後どうなる?

A:ギプス固定や手術で動くことが減ると、体を使わなくなり、廃用性萎縮を起こし寝たきりになることも多いです

<p class="mb30"><img src="https://www.tangiku.com/wp-content/uploads/2014/09/bnr04new.png" alt="お問い合わせはこちらから" width="695" height="232" /></p>

当院へのお問い合わせはこちらから

丹菊整形外科お問い合わせはこちらから

デイサービスセンター

く松波総合病院

瑞穂カジワラ接骨院