058-391-1411

急性腰痛症(ぎっくり腰)とは

ぎっくり腰とはものを持ち上げようとした時、くしゃみなど何気ない動作をした時など、フッとした動作で身動きができなくなるほどの激痛が腰を襲う急性腰痛と呼ばれるものです。 

ぎっくり腰(急性腰痛症)の症状は、ドイツ語で「魔女の一撃」と呼ばれるほどの激痛が特徴です。

 

激痛以外の症状として、腰周辺の筋肉群に異常な緊張の連鎖が起きて、背部の筋肉が硬直してガチガチの状態で身動きができなくなります。

 

 

原因

ぎっくり腰(急性腰痛症)の原因は腰椎椎間板ヘルニアの急性期、重度のすべり症、椎間関節性腰痛症、筋膜性腰痛症、骨粗鬆症に伴う脊椎圧迫骨折、化膿性脊椎炎、癌の脊椎転移などがその根底にあると考えられます。

 

対処法

ぎっくり腰になってしまったら、安静が第一です。

激痛で動けないときはまず、姿勢を変えようとしないで少しでも楽な姿勢をとり、安静を保つようにしてください。 この場合、エビのように丸くなり横向きに寝ると楽なことが多いようです。

 

次いで足に神経症状(シビレ感、知覚障害、運動障害)のチェックをします。

チェックの方法は、足を触り軽くつねる、針の先などで軽く押して皮膚に感覚があるか否か、足や足指が正常に動くか否かを確かめます。

その結果、感覚が鈍い、足・足指が動かしにくい、排尿がうまくできない、排尿の感覚が鈍い時には直ちに医療機関を受診してください。

また、特に注意しなければならないことに、内臓疾患(解離性動脈瘤、心筋梗塞など)が原因と考えられる場合があります。生命に係りますので、直ちに救急車を呼んで医療機関を受診してください。

 

通常のぎっくり腰は2~3日の安静で痛みが和らぐことが多いようです。 無理をしてはいけませんが、痛みが和らいだら医療機関を受診し、痛みの原因を見つけて治療を開始します。

 

 

治療法

羽島市の丹菊整形外科では、まず医師の診察を受けていただき、その後物理療法、リラクゼーション、運動療法を行って治療していきます。

症状、診察所見から原因部位(椎骨・椎間板・椎間関節・筋膜性・筋性)を診断します。

脊髄圧迫症状があれば、手術の必要性を考え、連携医療機関に紹介し精査(MR検査)を行って頂きます。
保存的療法が選択されれば、薬物療法(湿布・塗り薬・内服・坐薬)・注射(トリガーポイント注射・静脈注射・点滴)、リハビリテーション等の保存的療法を行います。

更に必要な場合には、AKA(関節運動力学的アプローチ)・各種神経ブロック(椎間関節ブロック・硬膜外ブロック・根ブロックなど)を駆使して少しでも症状が軽快するように努力致します。

しかしどうしても軽快しない方や、治療方法に疑問がある方は、連携医療機関へMR(磁気共鳴装置)検査を兼ねて、受診して頂き、より早く・的確に治療を進め、皆様に満足して頂けるよう邁進しています。

■ リハビリテーション

障害を受けた場所にあわせ、物理療法、理学療法などを行いできるだけ早く回復できるよう治療を行います。

腰椎牽引

youtsui0005

腰をゆっくり引っ張ることにより、椎間板や椎間関節の内圧を下げたり、椎間の隙間(椎間孔)を拡げることで神経への圧迫を和らげていく治療です。神経への圧迫が緩和されることで痛みが和らぐ他、筋肉や靭帯などの血行が良くなる効果もあるため、腰痛が改善される場合もあります。 体重の1/3~1/2ほどの負荷で足の方へ10分引っ張るという治療法です。

干渉波

kansho0002

2つの異なる周波を交差させることにより、皮膚に対する刺激はソフトですが、深部まで届く電気刺激を発生させることができます。電気刺激で筋肉の凝りを取り除き、血流を増大させることにより、体の痛みを軽減させます。

ホットパック

hotpac0001

温熱で患部を深部まで温め、組織の血流を改善し炎症性物質や老廃物が排泄され、新陳代謝を促進させます。血行不良からくる痛みや関節の硬さを和らげ、神経の過敏性を緩和し炎症を軽減します。

マイクロ波

極超短波と呼ばれる高周波を患部に照射します。筋肉などの深部組織に対する温熱効果があり、組織の循環が促進され、痛みを和らげます。

リラクゼーション

rela0004

腰周辺やお尻、脚など痛みの原因や症状に合わせてリラクゼーションすることで、血行を良くし痛みを和らげます。 こりや痛み改善効果があり、自然治癒力の改善が期待されます。 心身ともにリラックスさせて痛みを和らげ、心身の緩和、体質向上、健康悪化になりにくくします。

理学療法

phi0003

徒手療法では、痛みの原因や身体機能の低下の原因の追究をはじめ、ストレッチや筋力トレーニング、姿勢調整、動作指導(歩行や起立)、自主トレーニング・生活指導などを個別にアプローチしていきます。

<p class="mb30"><img src="https://www.tangiku.com/wp-content/uploads/2014/09/bnr04new.png" alt="お問い合わせはこちらから" width="695" height="232" /></p>

当院へのお問い合わせはこちらから

丹菊整形外科お問い合わせはこちらから

デイサービスセンター

く松波総合病院

瑞穂カジワラ接骨院