058-391-1411

スポーツ傷害

野球

野球肘

不良な投球フォームや過度に繰り返される投球動作により、肘の骨・軟骨部分・靭帯部分・腱(けん)や筋(きん)の付着部などが障害を受けて発症します。
内側型と外側型に大きく分けられます。
 

野球肩

不良な投球フォームや過度に繰り返される投球動作により、関節包(かんせつほう)や肩関節に付着する腱(けん)や筋(きん)が損傷することです。損傷の部位によって肩の前方・上方または後方などが痛みます。
インピンジメント症候群、回旋筋腱板損傷、ルーズショルダー、上腕骨骨端線離解(リトルリーグショルダー)などに分けられます。
 

その他のケガ

足関節捻挫、デットボール・自打球などによる打撲、突き指、腰椎分離症、肉離れなどがあります。
 

PA2700350001

当院では医師の診断後、症状にあわせて電気治療、超音波などの物理療法を行い、理学療法士または柔道整復師が症状にあわせて手技や運動療法、自宅での筋トレ・日常生活での注意点まで丁寧に説明し、リハビリを行います。

 

<p class="mb30"><img src="https://www.tangiku.com/wp-content/uploads/2014/09/bnr04new.png" alt="お問い合わせはこちらから" width="695" height="232" /></p>

当院へのお問い合わせはこちらから

丹菊整形外科お問い合わせはこちらから

デイサービスセンター

く松波総合病院

瑞穂カジワラ接骨院