058-391-1411

スポーツ傷害

バレーボール

突き指

ブロックやスパイクなどでボールが当たり負傷します。
突き指をしたからといって、無理に引っ張ったりすると、損傷した靭帯・腱・関節に負荷がかかり、炎症が増すことにもなるので気をつけて下さい。
 

ジャンパー膝

ジャンプ・着地動作・ダッシュ等を繰り返し行うことによる、疲労性慢性障害です。
原因として大腿四頭筋の柔軟性の低下、ジャンプ、着地時の不良フォームが挙げられます。特に長身の選手の場合、骨の成長に筋肉の成長が追い付かず、筋肉が相対的短縮を起こすと、膝蓋骨、膝蓋靭帯等に負荷がかかりやすく炎症を起こしてしまいます。
運動時に膝の前面の疼痛、圧痛、腫脹、熱感という症状がでます。
 

その他のケガ

オスグット・シュラッター病、腰椎分離症、棘下筋萎縮、肩関節インピンジメント症候群などがあります。
 

PA2700350001

当院では医師の診断後、症状にあわせて電気治療、超音波などの物理療法を行い、理学療法士または柔道整復師が症状にあわせて手技や運動療法、自宅での筋トレ・日常生活での注意点まで丁寧に説明し、リハビリを行います。

 

<p class="mb30"><img src="https://www.tangiku.com/wp-content/uploads/2014/09/bnr04new.png" alt="お問い合わせはこちらから" width="695" height="232" /></p>

当院へのお問い合わせはこちらから

丹菊整形外科お問い合わせはこちらから

デイサービスセンター

く松波総合病院

瑞穂カジワラ接骨院