058-391-1411

スポーツ傷害

テニス

テニス肘

テニスのストロークを繰り返し行う事(オーバーユース)で肘が痛くなる障害です。
バックハンドで肘の外側を、フォアハンドで肘の内側を損傷します。
両側ともボールがラケットに当たる際の衝撃が、手首を動かす筋肉の肘への付着部に繰り返し加わる事で微小断裂や損傷を発生するものと考えられます。
 

肩関節(インピンジメント)障害

インピンジメント=衝突という意味です。
肩関節包内で肩甲骨の肩峰と上腕骨がぶつかり、腱やその周囲の組織が何度も衝突・摩擦を繰り返されることにより炎症を起こし痛みとなります。
原因としては不良なフォームや過度な繰り返しの練習により肩周囲や上腕にまで痛みが出現します。
 

その他のケガ

足関節・膝関節捻挫、肉離れ、手首周囲の腱鞘炎、腰椎分離症などがあります。
 

PA2700350001

当院では医師の診断後、症状にあわせて電気治療、超音波などの物理療法を行い、理学療法士または柔道整復師が症状にあわせて手技や運動療法、自宅での筋トレ・日常生活での注意点まで丁寧に説明し、リハビリを行います。

 

<p class="mb30"><img src="https://www.tangiku.com/wp-content/uploads/2014/09/bnr04new.png" alt="お問い合わせはこちらから" width="695" height="232" /></p>

当院へのお問い合わせはこちらから

丹菊整形外科お問い合わせはこちらから

デイサービスセンター

く松波総合病院

瑞穂カジワラ接骨院