058-391-1411

首痛に対して

総合的な考え方

症状、診察所見から原因疾患を診断します。
手足の知覚障害・運動障害があれば脊髄への圧迫を考え、精査(MR検査)を必要に応じて連携医療機関に紹介します。
脊髄症状がある場合には、定期的に検査を施行して、手術時期を検討します。
保存的療法が選択されれば、神経ブロック・薬物療法・リハビリテーション等を行います。

診察時のポイント

頸部痛に関しては、原因疾患の追求とその重症度が問題になります。
脊髄への圧迫による神経症状がない場合には、薬物療法・リハビリテーションによる運動療法が主体になります。
脊髄に対する圧迫所見がある場合には、MR検査で原因を詳細に追求する必要があります。その結果緊急性が要する場合には手術療法が必要になります。
それ以外の場合には、薬物療法・リハビリテーション等の保存療法を主体に治療します。

頸部痛の診察風景1頸部痛の診察風景2

首の疾患に対するリハビリテーション

障害のある場所にあわせ、物理療法、理学療法などを行いできるだけ早く回復できるよう治療を行います。

物理療法

頚椎牽引

首牽引00020002

頚椎牽引:首を引っ張ることで首周辺の筋肉を緩めたり、首の関節への負担を減らし、首の痛みや腕のしびれを和らげます。

SSP療法(低周波ツボ刺激療法)

ssp00010003

SSP療法(低周波ツボ刺激療法):肩痛の原因となっている部位に低周波を流すことで痛みを和らげます。

リラクゼーション

リラクゼーション:首周辺の筋肉の血行を改善し、痛みやしびれを和らげます。

理学療法

肩PT0001

理学療法:首や肩周辺の筋肉を動かし、運動をすることで、疼痛やしびれ、関節の動きを改善させていきます。

<p class="mb30"><img src="http://tangiku.sakura.ne.jp/wp-content/uploads/2014/09/bnr04new.png" alt="お問い合わせはこちらから" width="695" height="232" /></p>

当院へのお問い合わせはこちらから

デイサービスセンター

デイサービスセンター

丹菊整形外科お問い合わせはこちらから