058-391-1411

丹菊整形外科のコンセプト

患者さんの「笑顔」「ありがとう」が頂けるよう頑張っています!

整形外科は頸部痛・腰痛など背骨(脊柱)に関した疾患や肩関節・肘関節・膝関節などの四肢の関節の疾患を扱います。
このような部位の疼痛を訴える方は、老若男女を問わず多く来院されます。そこで一番大切にしていることは、御来院頂きました患者さんは、身体的、精神的苦痛が少しでも軽くなって、お帰り頂くことです。
腰痛は整形疾患の内、有訴者率が最も高く、多くの患者さんが来院されます。これに対して、リハビリテーションを中心に、薬(湿布・塗り薬・内服・坐薬)、注射(筋肉注射・静脈注射・点滴)で治療します。

更に必要な場合には、AKA博田法(関節運動力学的アプローチ)・椎間関節ブロック・仙骨部硬膜外ブロック・腰部硬膜外ブロック・根ブロックなどを駆使して少しでも症状が軽快するように努力致します。

丹菊整形外科の4つのモットー

1.患者さんの肉体的・精神的苦痛を和らげるために、常に最善の医療サービスを提供しています。

患者さんの痛みを和らげるためにあらゆる努力をいたします!整形外科の一般的な治療で対応できない場合、AKA(関節運動力学的アプローチ)、硬膜外ブロック(仙骨部・腰椎部)、各種神経ブロック等のペインクリニックの手技を駆使し、痛みの軽減を図ります。また、患者さんの精神的苦痛も和らげられるよう誠心誠意対応いたします。なお、当クリニックで対応できない重症な患者さんに対しては連携医療機関に速やかにご紹介いたします。

2.患者さんから「ありがとう」と感謝の言葉をたくさんいただけるよう、日々医療知識・技術の向上に努めています。

私たちの使命は患者さんの痛みを開放し、患者さんはもとより患者さんのご家族、周囲の方に喜んでいただくことです。そうすることによって初めて私たちも幸せになれると考えています。患者さんの喜び・感謝の言葉である「ありがとう」という言葉をたくさんいただけるよう、私たちは日々仕事に、そして、医療知識・技術の向上に努めています。

3.患者さんとのコミュニケーションを大切にし、明るく元気に・笑顔でフレンドリーサービスを提供しています。

私たちは患者さんとの間に信頼関係がなければお互い本音で語れない、如いては最善の医療サービスを提供できないと考えています。そのため、患者さんに明るく元気に・笑顔でフレンドリーサービスを提供できるように努力しています。また健康教室、脳トレ教室、イベント等を通じて、コミュニケーションを図る活動を行っています。

4.患者さんに快適に過ごしていただくため、クリニック内を常に綺麗で清潔な状態に保つクリンリネス活動を徹底しています。

患者さんにリラックスして頂くために、最も基本的なことは院内を清潔に保つことです。時に丹菊整形外科の待合室、廊下、リハビリ室の床はタイルカーペットで、その上を靴のまま歩いて頂いています。その結果砂、土などがタイルカーペットの中に入りホコリ・チリなどによる空気汚染の原因になります。これに対して一日に二回カーペット専用の掃除機を使用して、常に清潔に保ち、皆様の健康が維持されるように留意しております。

<p class="mb30"><img src="http://tangiku.sakura.ne.jp/wp-content/uploads/2014/09/bnr04new.png" alt="お問い合わせはこちらから" width="695" height="232" /></p>

当院へのお問い合わせはこちらから

デイサービスセンター

丹菊整形外科お問い合わせはこちらから