058-391-1411

AKA=博田法について

AKA=博田法ArthroKinematic Approachi(関節運動学的アプローチ)の略であり、滑膜関節にアプローチする徒手医学の1つです。
関節包内の関節の動き(関節の滑り、回転・回旋など)の異常を治療する方法及び関節面の運動を誘導する方法と定義されてます。
従来の伝統的な運動療法の欠点を補うために、関節モビリゼーションの技術を改善することから研究が始まりました。
研究過程において仙腸関節の治療によって股関節の痛みが消失したことがあり、仙腸関節が痛みと密接な相関関係にあるのではないかと考えられたのです。
更に研究を進めていくうちに、仙腸関節の関節包内機能異常を調節すると痛みが改善することが分かり始め、四肢や体感の痛みの治療技術として開発されてきました。
AKA=博田法の目的は痛みに対する治療ではなく、痛みの発生原因である関節包内運動の障害を改善することです。
体幹や四肢の痛みやシビレなどは、主に仙腸関節の遊びの減少によって発生する関節原性関連痛です。
AKA=博田法によって関節の遊びを改善されれば、自然に痛みは消失します。
関連痛の部位によっては、別の関節の手技を追加することがありますが、90%以上は仙腸関節が治療の対象になります。
この手技を、私も腰痛を主体として四肢関節の疾患の治療に応用して皆様の苦痛の解除に繋げたいと願っています。

<p class="mb30"><img src="http://tangiku.sakura.ne.jp/wp-content/uploads/2014/09/bnr04new.png" alt="お問い合わせはこちらから" width="695" height="232" /></p>

当院へのお問い合わせはこちらから

たんぎくスタッフブログ

デイサービスセンター

たんぎくブログ

丹菊整形外科お問い合わせはこちらから